Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「ぼくうみ」とコラボ!ハートフルトーク&ライブ in 川崎

毎年 4月2日は国連が定めた「世界自閉症啓発デー」です
4月2日~8日までは発達障害啓発週間として さまざまなイベントが各地で行われています

映画「ぼくはうみがみたくなりました」が
なんとっ4月2日に国会内で上映されるそうですよ!
啓発デーにちなみ 国会議員の勉強会だそうで・・・(◎皿◎)スゴイッ!

それから!
去年4月の「世界自閉症啓発デー」のイベントとして
川崎で開催された「よこそ自閉症ワールドへ!」
映画「ぼくうみ」がデビューして早1年・・・

bokuumi.jpg
「ぼくうみ」本物

今年は「ハートフルトーク&ライブ」として
川崎市アートセンターで上映中の「ぼくうみ」とコラボ!という形で
イベントが行われるそうでぇす♪

私のカリスマ 明石洋子さんと「ぼくうみ」原作者 山下さんのトークショーあり!
ライブ初心者の方も楽しめる「脳の歌」のうすいまさとさんのライブあり♪♪
皆さん是非 この機会に川崎へ足を運んでくださぁい!!!


詳細でぇす(日本自閉症協会HPより)

 ハートフルトーク&ライブ:「ぼくうみ」2週間ロードショー コラボ

 日 時:トークショー:4月6日(水)15:50~
     ライブショー:4月10日(土)14:00~

 期 間:4月3日(土)~4月16日(金) 「ぼくはうみがみたくなりました」 18回上映

 会 場:川崎市アートセンター(川崎市麻生区万福寺6-7-1)

 場 所:川崎市アートセンター映像館(映画上映)
     川崎市アートセンター3Fコラボレーションスペース(トーク&ライブ)

 定 員:1回につき120名(「ぼくうみ」18回上映)

 会 費:トークショー&ライブは無料
     映画は川崎市アートセンター映像館の規定料金(イベント割引有り)

 主 催:川崎市自閉症協会

 協 力:川崎市アートセンター
 後 援:川崎市 川崎市教育委員会 (社福)川崎市社会福祉協議会
     川崎市発達相談支援センター (社団)日本自閉症協会 

 内 容:昨年の啓発イベントとして、川崎市自閉症協会主催で、「ようこそ自閉症ワールドへ」
     (講演とライブと映画)を開催し、500人の会場は立ち見が出るほどでした。
     今年は、昨年の啓発を1日で終わらせたくないと思い、昨年のイベント報告に合わせて
     全会員へのアンケートをとって、その集計結果と考察も含めて、親の会30周年記念として、
     「ようこそ自閉症ワールドへ~自閉症の正しい理解と支援を願って~」と言うタイトルで、
     「情報啓発誌」を22年4月に発行する予定です。
     今年の啓発イベントとしては、昨年のイベントで日本で初の上映となった
     「ぼくはうみがみたくなりました」の誕生1年を記念して、
     川崎市アートセンターでの4月3日から18回上映のロードショーを行います。
     この上映にコラボして、4月6日に川崎市自閉症協会会長の明石が
     ぼくうみ」の原作者山下さんと「自閉症について語る」トークショーを、
     4月10日に昨年同様うすいまさと氏のライブに加えて
     当事者も含んだバンド「ザ・ボルケーノ」の演奏を、「ぼくうみ」の上映後に開催します。
     親や福祉関係や教育関係者に限らず、川崎市は勿論、町田市等近郊の市民の方対象に、
     映画とイベントのチラシを配り、社協協力の元、民生委員さんはじめ町内会の方々に
     たくさん来ていただきたく、試写会(3月23日)も開催して、広く啓発活動を行います。
     昨年同様、楽しい元気になるイベントにして、自閉症のポジティブな認識を広め、
     理解者協力者を増やしていきたいと願っています。
     御協力のほどよろしくお願いいたします。
     「ぼくうみ」の上映も、初日舞台挨拶も有り、保育つきやバリアフリー
     (日本語字幕・副音声ガイド付き)上映の日もあります。
     皆様のご参加お待ちしています。  


★保育つきやバリアフリー上映日もあり!っていうのがイイですね(≧∇≦)b

チラシはこちら(川崎市自閉症協会「くさぶえの会」より)
チラシをクリック!
(※クリックで拡大表示します) 


<やっぱり おまけ>

ぼくうみ(そうた版) そうたも見たよぉ!(半分だけど)


「信州カンファ2010」レポ <後編>

「信州カンファ」レポ いよいよ最終回でぇす!(えぇやっと)

※「信州カンファ2010」レポ <前編> <中編> <番外編> はこちら
    
                         

「信州カンファ」2日目の朝

せっかくだから この素敵な校舎前で記念撮影を・・・
通りがかりの(カンファに参加される)男性に
シャッターボタンをお願いして
校舎前で
v( ̄Д ̄)v イエーイ!

すると・・・
その男性が

「昨日懇親会に参加された方ですよね?」

「はい」

「実はうちの息子にと思いタッチパネルをいただいたんですが
今は寝たきりだし まだしばらくはタッチパネル使いそうもないので
もらっていただきたいんですが」


と・・・(息子さんは脳性まひで小学校2年生だそうです)
何回も遠慮したんですが(ホントにっ!)

「使う方が持っててくれた方がいいので」
ということになり・・・

タッチパネル
今うちにあります(;´∀`) もらいすぎっ
そんなわけで このタッチパネルも今後実践報告していきたいと思っていまぁす

※そろそろ うちの子も使えそうだ!って思ったら
いつでも送りますので 「タキザワさん」連絡してくださいねぇ~v( ̄Д ̄)v



さてさて 2日目のスケジュールは

・実技講習会(9時~11時30分)
・クロージングセッション(11時30分~12時)

午前中で終了します


私はもちろん!Drops (Droplet 竹内さん) VS PCS(bo-yaこと本田先生)が行われる
D パソコンによる視覚支援教材 のセッションを受け・・・受け・・・・
受けませんでした(´・ω・`)

実技内容が 視覚支援のための絵カードやカレンダー作りという
パソコンやや初心者向け講座ということ (既に習得済v( ̄Д ̄)v) 
そして会場に用意されたパソコン25台に対し
希望者がそれを大幅に上回っているということもあり・・・ 
今回は私のまだ知らないお話も聞いておきたいということで 遠慮しておきました

でも 竹内さん(Drops)とbo-yaさん(PCS)の戦い 見たかったなぁ~


ご存じない方のために・・・なんで「戦い」かと申しますと

bo-yaさんの「PCS」というのは(Picture Communication Symbol)の略です
ここでは (株)アクセスインターナショナルから発売されています 
Board Maker(ボードメーカー)というイラストと文字を用いたシンボルのことを指します
現在は4000語のシンボルがあります(CD-ROM付きで 49,800円)

このシンボルはアメリカ製なので ちょっとシンボルもアメリカちっくでぇす
bo-yaさんはこちらの会社に許可をもらって 4000語の中に無い
自分が必要なシンボルを作ってオリジナルPCS」としてHPで公開されてます
PCS.gif

ということで その PCS と Dropsシンボルを使って
「視覚支援比べ」みたいなことをしちゃおう!という企画
まぁ 勝ち負けというよりは 人それぞれの好みですのでね・・・

でも この企画の2パターンのシンボル表示を同時に見れる!っていうのはすごく面白いなぁ~
このセッションの模様の詳細はこちらでどうぞ!

・bo-yaさんのPCS作品 「ぽっしゅん教材製作日記」へ
・竹内さんのDrops作品 「信州特別支援教育カンファレンス」へ

それから この「セッションD」のマニュアル集
2日目セッションD

ネットから画像を取り込む方法や  Dropsダウンロード(現在700語!)方法
それに「ぽっしゅん」bo-yaのページで無料配布している
「Carenger」(カレンダー)や「たびぃ's mile」(しおり&手順表)の作り方が
とてもわかりやすく説明されて これ1冊でバッチリわかる!!という代物
ホントにお宝冊子ですよぉ~!(げんママも持っとくといいよぉ)



とまぁ 前置きが長くなりましたが・・・
この日 私が受講したのは
アセスメントの貴公子 原伸生先生のセッションA

①認知特性の疑似体験 → 休憩 → ②タイムサンプリング法演習

認知特性を数値化することで その人に合った支援方法がより明確化する・・・
以前ご紹介した 信州特別支援教育雑誌「slide」での原先生のお話 
アセスメントの必要性に すごく興味を持ちましたし
今 この手のお話は 
就学を前にしたマザーズのママ友の間でもすごくタイムリーなお話なのです

ってことで・・・
また一番前の席に座り受講

この部屋 結構たくさんの人が入る会場ですが 満員御礼
セッションA
おがっちさんもいらしてましたよ

講義では「あなたの学習スタイルは?」と題して
12問の問題をやっていきました
原先生

これは 自分が A:継時処理 タイプかB:同時処理 タイプか
はたまた「どちらもをうまく活用している」タイプなのかを
数値化(AとBの合計の数)によって明らかにするもの

人間の情報処理(認知処理)過程は 継時処理と同時処理という 
2つの処理過程に大別することができる (Mr.ダス)


・継時処理 情報を連続的かつ逐次的に分析し、処理する情報処理。
        順序性を重視し、時間的聴覚的な手がかりで分析的に処理する。

・同時処理 情報を概観可能な全体に統合し、全体から関係性を抽出する情報処理。
        いくつかの情報を視覚的な手がかりで空間的に統合し、全体的処理する能力。

普段私達は 場面場面でこの2つの方法をうまく使いこなして 情報を処理しているわけです
でも これが偏りすぎると いろんなとこで問題がでてくるかもぉ~・・ってことになるわけで

音声言語については継時的な処理なので 
自分の気持ちや考えをうまく表現できないなど問題がある場合
継時処理機能をうまく使えてないことも考えられる・・・とか


原先生が出した問題の診断結果ですが
私は「同時処理」断然優位タイプでした(;・∀・)ヒャーッ!!でもわかってたよぉん♪
(※「救急車」と「雄ライオン」当てたの私でぇす)

それで それを知ったからどうなの?という方のために・・・

例えば 
私のようなバリバリ同時処理タイプは 
先に結果(全体)を見た後に その経緯をつなぎ合致させていくとよりわかりやすいです
本も結末から読んだりするもんねぇ♪
継時処理優位のタイプは 全体像より段階えを経て情報をインプットしていくとわかりやすいそうです
途中でつまづくと 先に進めない~!!ってことになるかなぁ

この講義の受講者の半数以上は 学校教員の方でした
原先生は「自分の学習スタイルを知っておくことも大切です」とおっしゃってました

確かに「子供の学習スタイルを知る」というのも一つですが
今回のテストでもわかるように大人(先生)にもいろんなタイプがあります。
大人ってのは やはり自分の学習法を軸にして
人に教えるもんだと思うんですよね(子育てもしかりですな)

ってことは・・・ 
学校の授業で先生の指導方法によっては 子供もチンプンカンプンになるかなぁ~なんて

昔「○○先生の授業大好き!」とか「○○センセの授業 退屈ぅ~、わけわかんないっ」ってなったのも
先生の資質がどうとかでなく(それもあるけどね)
自分と先生のタイプが同じだった(または違う)ってことが
原因であったのかもしれないなぁ~。。なんて
この講義を受けて思いました

ちなみに情報処理が偏りすぎているからといって 勉強ができない!とかではなく
あくまで 学習スタイル!ですから勘違いしないでくださいね


休憩の合間にサブアリーナへ行く途中 おがっちさん発見!
「サっ・・サブアリーナはどっち???」どうやら迷子に

サブアリーナを覗くと
まさに Drops 対 PCS の戦いが始まったところでした!
Drops-VS-PCS!.jpg


名残おしいですが・・・
再び原先生の後半のセッションを受講

後半は タイムサンプリング実践
ビデオの自閉くんの行動を見ながらサンプリングします
3分毎とか時間を決めて その瞬間を記録する「瞬間サンプリング」をやりました
まず課題目標を決め 対象者がその瞬間に課題に参加している(+)か否か(-)を記録していきます
その記録をもとに 活動参加率がわかるわけです 
 
ただ「動きまくっていて大変っ!」というイメージだけの実態把握と
データ(数値化)にして残すことで その後の行動の進歩(または後退)も
手に取るようにわかる
前者は 人それぞれ主観もちがうのでイメージも違ってくると思いますが
後者は数値化することで 誰がやってもほぼ同じ結果を示すというのがいいところですね

原先生のお話は
まだまだ面白いお話が続きましたが このへんで


11時30分になり・・・
クロージングセッションがサブアリーナで行われました

  お疲れ様でしたぁ       終了
2日間やりとげホッとするDropletの皆さん          「えぇ また是非っ!」


帰りに・・・

おっ???なんだか「いのちかげろう」のようなbo-yaさん(本田先生)が歩いてくる・・・
フラフラbo-yaさん


おっと杉浦先生もきたぁ~♪

「お疲れ様でしたぁ。。そういえば写真撮ってなかったっ!記念にお願いしまぁす」

「いやぁ・・・もう ぼく 疲れ果ててボロボロで 顔がしんでるから・・・」と本田先生

「そこをなんとかっ!」 林家ぺー・パー子状態のそうたママ)

写真ゲット!!
両手に男子!

最後の力を振り絞ってくださった笑顔の本田先生(左)&かしこまり杉浦先生(右)
なんか久々の「両手に若い男性」というシチュエーションに(杉浦先生は1こ下らしい)
ついつい体育会系で撮ってもらいました・・・ごめんなさ~い


帰りに このカンファの裏方のキーマン(ウーマンね)!
kannaさんからお土産をいただきましたぁ
ペン立て&ジャム
・ペン立て(メモもはさめる!)とジャム  (それと「おまんじゅう」も
稲荷山養護学校の生徒さんが作った製品でぇす 
「息子がペンの穴をあけてまぁす」とおっしゃってましたぁ^^

しかも帰り道 kannaさんが駅まで車で送ってくださり
信州は寒かったけど・・・信州の皆さんの温っかさには感激しましたっ 。* ゚ + 。・゚・。・


2日間 お天気も良く
県内外から たくさんの方(200名越)が参加された
第1回目の「信州特別支援教育カンファレンス 2010」は
大盛況で幕を閉じました


                                      



<おまけ>

DropTalk(iPodTouch)モニターゲット!
DropTalk!
音声入力用の小型マイク(写真右カプセル型)も付けてくださってまぁす
※(写真下)緑のブロック型スピーカーは私が買ったものです(1900円)

モニター報告もお楽しみにぃ~!!




「信州カンファ2010」レポ <番外編> ~懇親会~

いきなり番外編ってのも変ですけどねっ(;・∀・)
(三部作にしようと思ったら<中編>が長くなりすぎたので・・・)

今回は「信州カンファ」レポ <番外編>ということで
懇親会の様子をお伝えしまぁす


               

こうして 信州カンファのセッション 1日目が無事終了・・・


会場の稲荷山養護学校を後にし
宿泊先「杏泉閣」へ 歩いて1分で到着



19時からの懇親会まで まだ1時間くらいあったので
さっそく DropTalk で遊んじゃいましたぁ(〃▽〃)ゞ

DropTalkゲット♪
※これ記念撮影!

iPodTouch (& iPhone)は 既に電器屋さんでいろいろ調べてたので
なんとなく使い方はわかってましたから問題なしv( ̄Д ̄)v

シンボルにタッチすると・・・

「おー!声がでるっ!!∑( ̄◇ ̄*)

(≧∇≦)わかってましたけどやっぱり感激っ
懇親会までの時間 本物のDropTalkにしばし興奮状態の私でした^^


ということで 19時になり会場へ・・・
会場案内

ボランティアで事務方のお手伝いを一手に引き受けてくれたというkannaさんや
Dropletさんのセッションでご一緒したciariさんもいらっしゃいましたよ♪
会場は丸テーブル4つが用意され 40人ほど参加
私を含め 県外から参加している人も多数いました

ごちそう!

セミナー会場の片付け&準備で まだいらっしゃらない実行委員の方々

とりあえず はじめちゃいましょっ!ってことで
原先生の乾杯の音頭で懇親会スタート!
懇親会会場

私の座ったテーブルには
キャピキャピのかわいい学生さん方(2名 1名)が相席してまして
「大学のゼミの仲間&先生の5人で車で来ましたぁ」とのこと・・・

学生の皆さんにも 早速・・・ゲットしたDropTalkを紹介して 
触ってもらいましたぁ~v( ̄Д ̄)v 営業!営業!

話しをしていくうちに そのゼミの先生がおがっちさんということが判明!
(見た感じ学生さん?と思う風貌のおがっちさん)
某大学の助教授で 人工知能についての研究をされていらっしゃいます
ライブ(講演)もすごくおもしろいそうで 是非一度拝聴したいなぁと思ってます

「えぇーっ!すごい!おがっちさんの生徒さんなの?」っとびっくりしていると

「えっ?おがっちそんなに有名なんですか?( ;・◇・) 」みたいな反応で またびっくり!

久々に・・・おばちゃん達でない
若いお姉さん達とのきゃぴきゃぴ会話♪

若いノリに なんか学生時代思いだしちゃって
ちょっと体育会系のノリで語り始めるそうたママ

そして・・・

繰り返すそうたママ図

なんてことを繰り返してまして


レッドカードでました!

あらあらっ 興奮すると声が大きくなっちゃいますねぇ~
って 自ら4番カード出しといて・・・ちょっと反省 

「学生さん引いてないよねっ?」

「楽しいですよぉ~!」

「明日見かけたとき 冷たい目で見ないでねぇ~!!」

「えー!そんなことしないですよぉ!」

と言ってくれた優しい学生さん♪(翌日も声をかけてくれましたぁ


同じテーブルで隣に座っていらした女性の方は 
東京で民間の発達支援センターの先生をされているということで
興味深いお話をいろいろ聞けてラッキーでした(≧v≦) 
この方、Droplet 青木さん(1つ先輩)とSugiura電機社長(1つ後輩)とは同じ大学だったそうで
○○大学すごいっ!って思いましたぁ


おっと 実行委員の方々が到着!
bo-yaこと本田先生ブログ用の写真を撮ってるぅ~
懇親会テーブル
            この写真こちらの記事ではこうなってます


それから いよいよ Droplet Projectの皆さんとご対面!(って既に会ってましたけど)

本田先生のブログ「ぽっしゅん教材製作日記」で Dropsシンボルの紹介記事を読み
はじめて Dropletさんを知ったのが1年と3カ月前
やっと皆さんとお会いすることが出来ました!
川辺さんとお会いできなかったのは残念ですが
青木さん 竹内さん 大久保さんとお話ができて
すごく嬉しかったです(〃▽〃)ゞ
こういう出会いも そうたのお陰なんですよねぇ~・・・(しみじみ)


さて 懇親会のメインイベント!
素敵な景品の争奪戦!!

・フォトプリンタ ・タッチパネル ・Webカメラ 
・竹内さんお手製のお菓子 ・Dropsシンボルオーダー券
・bo-yaさん(本田先生)が学校行事用に製作したアンパンマンpromo DVD
・10玉そろばん ・検査用紙 etc・・・
・杉浦先生にスイッチ作ってもらう券&本 などなど

盛りだくさんの景品が用意されていましたぁ~

希望者がダブったら じゃんけんで勝負!
しかぁしっ!
県外の参加者から優先的にいただけるということで ラッキー!

フォトプリンタに希望者殺到!
学生さんが見事ゲットしていきましたよ
じゃんけん大会



私は・・・

「Dropsシンボルオーダー券」をゲットしましたぁv( ̄Д ̄)v

  ↓     ↓     ↓     ↓      ↓     ↓   
 

Dropsシンボル券

みなさんだったら 何にします?
私は欲張りだから あれもこれも考えちゃって・・・
まだ1つに絞ることができない状況でいまぁす(;´∀`)
でもね この券持ってるだけで 
今後のそうたの小学校生活に不安いっぱいな私の (えっそうなの?)
心強いお守りになってまぁす
(有効期限まで持ってようかなぁ~・・・ってか!)


そうそう ciariさんが携わっている「デイセンター風の森」(社会福祉法人)で
缶バッジのオーダー販売をされているということで 「信州カンファ」のバッジを
スタッフの皆さんにプレゼントされてました!
信州カンファバッジ
私にも「はるばる長野まで・・・」ということで記念にいただきましたぁ (後日郵送で)
ありがとうございまぁすm(_ _)m


楽しい時間はあっという間に過ぎてしまい
21時にお開きとなりました

まだまだ飲み足りない私でしたが・・・ (マジかいっ!)
でもいつも調子乗りすぎて失敗してますので (そうざんすっ
今日はこの辺で・・・・(明日もありますしね^^;)


この後 宿の露天風呂にゆっくりつかり
今日1日のアルコール疲れをとりましたぁ

露天風呂♪




※次回「信州カンファ」レポ <後編> へつづく・・・・・



「信州カンファ2010」レポ <中編>

前回「信州カンファレポ<前編>」のつづきでぇす!


お弁当を食べて お腹いっぱい幸せいっぱいのひと時
13時からの午後のセミナーまで サブアリーナで
抄録集を読みふけっておりましたら・・・

サブアリーナで

なんか周り静かすぎない???と気がつくと
既に13時を回ってしまっていました( ; ゚Д゚)キャーッ!!

ってことで 走って会場へ・・・・

既に満席状態で 一番前の席をゲットできず Σ(゚д゚lll)ガーン
最後列で拝聴させていただくことに・・・


Droplet Projectさんの1日目
AACの考えをもとにしたアプローチ ~AAC基礎講座と最新VOCA体験~
と題して 13時~17時30分という 長丁場のこのセッション!

でも随所に休憩をはさみぃの 青木さん 竹内さん 大久保さん(&学生さん)が
それぞれにお話しをするという形で進行していきましたので
あっという間の4時間半でしたよ☆


さて・・・まずは
Droplet 代表の青木さんのお話から始まりましたぁ
Droplet青木さん

「AAC」基礎講座ということで
文字は よく目にしたり耳にしてましたが 

「えーえーしー」(ω・ )ゝ???
「わたしぃ~ 英語 苦手だしぃ~!派」のそうたママ
特に気にしないでこれまできました(気にしなさすぎ?)
なんとなくですが
「絵カード」とか使ったりしてコミュニケーションするための方法かな???くらいの感覚で
(まぁ そんな感じなんですが)

今回の基礎講座で 改めて
AAC = Augmentative & Alternative Communication(補助代替コミュニケーション)
の意味やその必要性を しっかり把握することができたのは 
すごく良かったなぁと思います
おおざっぱに言うと
「言葉が発せれなくても それに代わる道具を使って 自分の意思伝達を可能にしよう!」
ってことですね (おおざっぱすぎた?)

例えば・・・この赤いの押す(叩く)だけで
「おはよう!」
って声がでます。※「ビッグマック」というVOCA(ヴォカ)です
ビッグマック

普段 相手の一方的な声かけで終わってしまっていた挨拶が
言葉を発せなくても 赤いボタンを自分で押すことによって 
お互いの掛け合いで コミュニケーションが広がる


という コント 実技指導を 青木さんと大久保さんが即興でやってくださいました
自分の働きかけに 相手も応えてくれる!って すごく嬉しいですよね!
「伝えたい」という気持ちを育てることは とても大切なことだと思います


それから
Dropsシンボルを用いた VOCA(轟とどろき)の紹介や

VOCA轟(とどろき)
※カードを変えると音声もそれに合わせて話します

そのVOCA(轟)をパソコン上で使用するソフトを
とある大学のゼミで研究開発しているという
学生さんの説明も すごく興味をそそりました!


もちろんっ!DropTalkの実演もありましたよぉ☆

DropTalk.jpg

初めて見る方も多く (まだ発売されてないし当たり前か)
青木さんの実演の後・・・
「このDropTalk 千円とちょっとで 近々発売予定です」
の言葉に 場内驚きのざわめきがっ!!!

やっぱり・・・・やっちゃいましたねっ!青木さんv( ̄Д ̄)v
庶民の味方!支援者の味方!ヽ(●´ε`●)ノ 万歳っ青木さん☆



続いては竹内さんの出番!

Droplet竹内さん

Dropletで開発している Webソフトを紹介してくれましたぁ
DropStep」や「DropLeaf」など 
まだ公開されていないソフトが生で見れて すごく興奮しましたぁ~(*∀*)

中でも・・・これもまだ公開していませんが
私が今のそうたに是非使用してみたいっ!って思ったのが
これ 「Clips」!
DropClip.jpg
    正解すると       間違うと
DropClip○  DropClip×

ねっ!これは楽しい!!
今そうたに 2語(3語)文をマスターさせるために
こういうのを使っています(っていうか あんまりやってないけどぉ

これを見せて
2語文をつくろう!

チップを2個(3個)選ばせるんでぇす!
2語文をつくる

まさに これがバージョンアップしたやつじゃないっ???

是非とも「Clips」の公開 早急にお願いしまぁす


続きまして ルパン三せ大久保さんの実践報告!
大久保さんも特別支援学校の先生をされてまぁす

校内掲示
 
授業では Dropsシンボルをふんだんに使用した教材
校内掲示では Dropsシンボルでトイレや保健室を視覚支援 
かわいいシンボル表示で学校内も明るくなりまぁす!!

感激したのは

Droplet大久保さん

「こえのおおきさ」表を使っていただいてましたぁ!
「バスの中のルール」ということで 場面のコマを入れてあって

ブラボー!ヽ(●´ε`●)ノ

大久保先生の実践例のお話は 成功例だけでなく失敗談もあり
失敗しても また次の作戦を考える (再構造化)
子供の特性を理解していくことで おのずと答えは見えてくる!
そんな実践の様子でした^^

それにしても 
学校の先生はホント大変な仕事だなぁ~と
感心しまくりの私 ((( -◇- )=3


休憩時間に暇そうにしている私に「そうたママさん?」って
前の席に座っていたciariさんから声をかけていただきましたv( ̄Д ̄)v
ciariさんのサイトは「ぽっしゅんbo-yaのページ」のリンクにあったので
何度かお邪魔したことがあって・・・
こういうのも「ブログやっててよかったなぁ~」てしみじみ思いますよね
私の冗談もケタケタ笑ってくれて すっごく優しい方でしたぁ


一度 長目の休憩がありましたので
ちょっと記念撮影!

撮影者が大久保さんなので。。。

記念撮影
ご一緒に♪(卒業アルバム風)
 

さてさて 講習も大詰め
1日目セッションの終了時刻が 刻々と近づいてまいりました

「DropTalkモニター抽選会!」の話も出ることなく・・・
明日になるのかぁ~( ・ω・)・・・と思っていた終了2分前!

「今日はこのセミナーに来ていただいた方に・・・特別に DropTalkを貸し出しします!」

「うわぁ~」ざわつく会場

「・・・このDropTalkを使いたい方っ!」


はい!

「おっと!一番に手があがったそこの美しい方!」 (ホントは「元気な方」です)
 
「σ(〃▽〃 )えっ 私っ!!」

ということで
念願の「DropTalk」見事ゲット!!!
(ちょっとこんな感じでゲットできっちゃっていいの???と思いましたが(;・∀・)・・・)

でもでも すごく嬉しかったでぇす
ずーっと妄想の中で「DropTalk どうやって使おう?」って考えてましたから・・・
皆さんより一足早く手に取ることが出来て大興奮でした(*゚‥゚)=3


そんなわけで ドキドキがとまらないまま
「信州特別支援教育カンファレンス2010」の1日目が終了・・・


外はもうすっかり暗くなってました
次はお楽しみの「懇親会だぁ~!」とルンルン気分
稲荷山養護学校から徒歩1分の宿泊先 「杏泉閣」へ向かいました。。。



・・・というところで
予想外に長くなってしまったので
次回 <番外編>~懇親会の巻~ をお楽しみにぃ!
    



「信州カンファ2010」レポ <前編>

大変お待たせしました(;´∀`)・・・

2月13日(土)14日(日)に長野県の稲荷山養護学校で開催されました
「信州特別支援教育カンファレンス2010」のレポートでぇす!


さてさて当日の夜明け前 
チラホラ雪がまい始めた中
そうたママ出発!

「あさま」で


初めて「あさま」に乗り いざ信州へ向かいましたぁ

新幹線を使うと うちから(千葉北総地域)稲荷山養護学校まで
ドア―ドア で3時間半ほどでした

現地には9時半頃到着!

正面玄関

すっごく綺麗で大きくて素敵な校舎にビックリっ(◎皿◎)

オープニングセッション開始まで まだ時間があるので
会場(サブアリーナ)に用意されたセルフサービスの無料のコーヒーをいただきヽ( ^∀^)ノq□

おっと そうそう!
Droplet竹内さんデザインの「信州カンファTシャツ」を買わないと!ってことで早速購入
             ※現在こちらで販売中!
ブルキリンTシャツ
2500円だすv( ̄Д ̄)v Mサイズ!

それから それから!
Droplet Projectの皆さんにも ちょっくらご挨拶をしとかないとねっ!

午後からセミナーがある教室で準備中のみなさん

あ~(;・∀・)なんか忙しそうら~・・・と思いつつ

ガラガラ(´∀`|д・)つ|)・・・と中に入り 

ご挨拶

この日はプログラマの川辺さんはいらっしゃらない ということで
代表の青木さん デザイナーの竹内さん こじまよし大久保さんの3人と
お互い緊張しぃのご挨拶


「午後の部楽しみにしてまぁす」
ということで オープニングセッションがあるサブアリーナへ戻り・・・
一番前の席に陣取りました
(ちなみに私は参加するセミナーはいつも一番前の席に座ります)


10時からのオープニングセッションが始まる15分前に
まずは実行委員長の杉浦先生が 会場をあたため
sugiura社長

つづいて 稲荷山養護学校の校長先生が 制限時間通りに 
自作のパワーポイント付きでご挨拶
校長先生

信州界隈では 始業式・卒業式などの退屈なイベントでは
こういったスライドを使い 視角支援を行うのは
当たり前という風潮のようですな 。* ゚ + 。・゚・。・


さてさて 10時になり
まずはMr.YAJICこと矢島先生のオープニングセッション!
「特別支援教育のすすむ道」ということで
こちらも パワーポイントを使って
楽しくおもしろく そしてとっても勉強になるお話ばかり
Mr YAJIC


あっという間の1時間30分でした


11時30分になり
昼休み休憩 お弁当タイム!
注文していたお弁当(500円でお茶付き!)を食堂で食べ・・・
次のDropletさんのセミナー開始時間まで 
暇なので校内をウロウロ

プレイルームでは県内の特別支援学校の生徒さんが作ったものが
無人販売されてました^^
販売



この校舎は 3年前に肢体不自由と知的の学校が合併したのを機に
改築されたそうで(kannaさんに教えてもらった) 
当時 長野県知事だった田中康夫知事が
長野県産の木を使った校舎に!」ということで すべて木で出来てまぁす
すっごくおしゃれなんですが・・・
廊下 階段
もぉ 広くて広くて・・・・たくさんの人が迷子になってましたぁ~(;・∀・)



・・・・・というところで 

今回はここまで

次回!「信州カンファ」レポ <中編>
Droplet Projectさんのセミナー1日目 
AACの考えをもとにしたアプローチ ~AAC基礎講座と最新VOCA体験~
からお送りいたしまぁす

さぁっ!
DropTalk(iPot Touch)のモニター権利は誰の手に!!必見ですぞよっ!!!



Appendix

上映情報!

「ぼくはうみがみたくなりました」 詳細はこちらで!
【↓予告編】 クリックしてみてね!

「脳の歌」を応援しよう!

「うすいまさと」応援HP
うすいまさとさんが歌う「脳の歌」
一度聴いてみてください!
そしてみんなで歌いましょう!! 「脳の歌」応援HP
.
<04 | 2017/03 | 05>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

「信州カンファ」blog

信州特別支援教育カンファレンス

プロフィール

緑の四つ葉 管理人=そうたママ そうたママ

1968年生まれ 福岡県出身

体育会系のママ 千葉県在住

緑の四つ葉 そうた そうた 2003年生まれ

自閉症と知的障害あり 現在,幼稚園の年長

緑の四つ葉 そうたパパ そうたパパ

子煩悩のやさしいパパ。

緑の四つ葉 お兄ちゃん お兄ちゃん

そうたの4つ上の兄。小学4年生

緑の四つ葉 ユキ ユキ

そうたの2つ下の妹。 いつもママと連るんでいるので 登場回数も多い

*******************************

福助 地域の皆様 幼稚園の皆様へ

「ごあいさつ」m(_ _)m

このブログのバナー

リンクフリーですが
報告してくださると嬉しいです
since 2008.5.15

自閉症児 そうたの幼稚園ブログです。 そうたのプロフィールは HP「そうたといっしょ!」で紹介しています。 HPでは 自閉症(そうたの特徴を主に)の説明や 4コマまんが 療育施設 掲示板など公開していますので リンクしてみてください(*^▽^*)


-- E N D --
.
.

最新記事

月別表示

2013年 04月 【1件】
2013年 01月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2011年 05月 【1件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【1件】
2010年 12月 【1件】
2010年 11月 【1件】
2010年 10月 【1件】
2010年 05月 【1件】
2010年 04月 【1件】
2010年 03月 【9件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【4件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【6件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【6件】
2009年 05月 【7件】
2009年 04月 【7件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【5件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【2件】
2008年 09月 【3件】
2008年 07月 【4件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【6件】

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こんな本読んでます

カウンター

Copyright (c) そうたといっしょ! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。