Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://soutayouchien.blog32.fc2.com/tb.php/9-2f7629eb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

自閉症セミナー(佐々木先生 後編)

あっちゃん

あっちゃんです(ちなみに映画はモノクロ映像でした)

休憩終了です・・・  後半が始まりました


その後 あっちゃんはどうなったのか・・・

佐々木先生の説明はこうでした

この統合教育の中で あっちゃんはみんなの模倣もできるようになり クラスの仲間とも
一緒に活動できるようになりました  ご両親もとても喜ばれていました 

・・・しかし 実をいうと あっちゃんは この統合教育の中で 何も習得していなかったのです

統合教育に入れたのが間違いということではありません  
あっちゃんは ただ みんなと同じに動いているだけ・・・ その意味もわからずに

「意味が分かって行動する」というのは とても大事なことですよね

あっちゃん成長した様に見えたのは 実は 周りの人(学校の先生や生徒達)があっちゃん
合わせてくれていたからです・・・ 

学校生活の6年間 周囲あっちゃんに対して うまく合わせ続けてくれました
あっちゃんはとても居心地が良かったことでしょう

その結果 あっちゃんは 学校以外のところでは 適応できなくなっていました

社会のルールや 自立のためのスキル習得していなかったため
成人(20歳)を前に 施設へ入らなければならない状態になったそうです

佐々木先生はとても悔やんでいらっしゃいました 
当時の療育は試行錯誤の連続で やってみないと間違いであることもわからない 
失敗してはじめて それは間違いということで切り捨てられる・・・
そういう状況であったともおっしゃっていました

担任の先生あっちゃんに対して 一生懸命に向き合っていらしたのは 確かですが

あっちゃんが 社会に出ても大丈夫なように 学校生活にはルールがある (例えば順番を守る
とか 授業中は静かにする)ということを きちんと 教えていく必要があったのです

ただ 当時 指示をしてもほとんど理解できない自閉症児に対して その専門家であっても
適切なをもっていなかっことは 事実です

 
後に 佐々木先生はアメリカで 物理的構造化(物理的環境を整え)・視覚的構造化(絵・写真
・実物を使用すること)により 自閉症者が課題を理解できたり 先の見通しを立てることができる
ようになる 療育方法 TEACCHプログラムに出会われました
            (※TEACCH =「ティーチ」といいます。)

今では 自閉症者だけではなく さまざまな発達障害の人にも活用されているプログラムです
(私も只今勉強中なんですが 療育するのが今の時代で 本当に良かったと思っています)
 

佐々木先生は このお話の最後に

「あっちゃん一家とは 今でも 年賀状をくれたりと お付き合いがあります」
 
                                              と おっしゃいました
 

                       


 ・・・いやぁ~っ 後半も聞いておいてよかったっ  C=(^◇^ ; ホッ! っと いうお話ですね


なんか 身につまされるというか・・・  私も そうたが他の子と同じことができると 

もう そのことだけで 満足というか 喜んでしまいがちになりますもんねぇ~


そういえば こんなことがありました

言葉の教室へ通い始めた頃 しばらくそうたにお返事の特訓をしました

・・・そして お名前を呼ぶと 手を上げることができるようになりました (声は出ませんよ!)

もぉ 嬉しくって 「お返事出来るようになったぁ!」 わあい\(^▽^\)(/^▽^)/ わあいっ
なんて 思っていると

     「○○ユキちゃん!」 ・・・ (。--)ノ″ ・・・ って 誰の名前でも  
手をあげちゃうんですよね・・・ ( ̄△ ̄;)アラ ヤッパリ ワカッテナカッタノネ  って
  
そう 見せかけだけの 「出来た」 と 本当に理解して「出来た」は まったく違うということを
肝に銘じておかないと・・・ (偶然やルーチンでの感違いはホントに多いですもん


佐々木先生は講演の中で 療育における「オペラント条件づけ」の大切さを おっしゃってました 

自発的に行動できるようになる これ とても大事でなことですよね
それが 社会自立へつながる手立てになっていくと思います

そうたの数少ない 出来ることの中から それを見出して活用する!
んーっ わかっちゃいるけど 有言不実行な私です・・・

でも 今回のセミナーで いい刺激を受けました (いつもセミナーの後は すごく盛り上がって
帰ってくるんですけどね) 

今後も療育 頑張りまぁす  (○゜▽゜○)


※セミナーでは 他にもたくさんの興味深いお話がありましたが 今回は あっちゃんのお話のみ
  紹介しました  

  
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://soutayouchien.blog32.fc2.com/tb.php/9-2f7629eb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

上映情報!

「ぼくはうみがみたくなりました」 詳細はこちらで!
【↓予告編】 クリックしてみてね!

「脳の歌」を応援しよう!

「うすいまさと」応援HP
うすいまさとさんが歌う「脳の歌」
一度聴いてみてください!
そしてみんなで歌いましょう!! 「脳の歌」応援HP
.
<03 | 2017/04 | 05>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

「信州カンファ」blog

信州特別支援教育カンファレンス

プロフィール

緑の四つ葉 管理人=そうたママ そうたママ

1968年生まれ 福岡県出身

体育会系のママ 千葉県在住

緑の四つ葉 そうた そうた 2003年生まれ

自閉症と知的障害あり 現在,幼稚園の年長

緑の四つ葉 そうたパパ そうたパパ

子煩悩のやさしいパパ。

緑の四つ葉 お兄ちゃん お兄ちゃん

そうたの4つ上の兄。小学4年生

緑の四つ葉 ユキ ユキ

そうたの2つ下の妹。 いつもママと連るんでいるので 登場回数も多い

*******************************

福助 地域の皆様 幼稚園の皆様へ

「ごあいさつ」m(_ _)m

このブログのバナー

リンクフリーですが
報告してくださると嬉しいです
since 2008.5.15

自閉症児 そうたの幼稚園ブログです。 そうたのプロフィールは HP「そうたといっしょ!」で紹介しています。 HPでは 自閉症(そうたの特徴を主に)の説明や 4コマまんが 療育施設 掲示板など公開していますので リンクしてみてください(*^▽^*)


-- E N D --
.
.

最新記事

月別表示

2013年 04月 【1件】
2013年 01月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2011年 05月 【1件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【1件】
2010年 12月 【1件】
2010年 11月 【1件】
2010年 10月 【1件】
2010年 05月 【1件】
2010年 04月 【1件】
2010年 03月 【9件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【4件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【6件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【6件】
2009年 05月 【7件】
2009年 04月 【7件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【5件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【2件】
2008年 09月 【3件】
2008年 07月 【4件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【6件】

過去記事一覧

  • スポンサーサイト
  • 自閉症セミナー(佐々木先生 後編)
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2008年05月22日 (木)
  • 15時04分22秒
by AlphaWolfy

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こんな本読んでます

カウンター

Copyright (c) そうたといっしょ! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。