Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「信州カンファ2010」レポ <後編>

「信州カンファ」レポ いよいよ最終回でぇす!(えぇやっと)

※「信州カンファ2010」レポ <前編> <中編> <番外編> はこちら
    
                         

「信州カンファ」2日目の朝

せっかくだから この素敵な校舎前で記念撮影を・・・
通りがかりの(カンファに参加される)男性に
シャッターボタンをお願いして
校舎前で
v( ̄Д ̄)v イエーイ!

すると・・・
その男性が

「昨日懇親会に参加された方ですよね?」

「はい」

「実はうちの息子にと思いタッチパネルをいただいたんですが
今は寝たきりだし まだしばらくはタッチパネル使いそうもないので
もらっていただきたいんですが」


と・・・(息子さんは脳性まひで小学校2年生だそうです)
何回も遠慮したんですが(ホントにっ!)

「使う方が持っててくれた方がいいので」
ということになり・・・

タッチパネル
今うちにあります(;´∀`) もらいすぎっ
そんなわけで このタッチパネルも今後実践報告していきたいと思っていまぁす

※そろそろ うちの子も使えそうだ!って思ったら
いつでも送りますので 「タキザワさん」連絡してくださいねぇ~v( ̄Д ̄)v



さてさて 2日目のスケジュールは

・実技講習会(9時~11時30分)
・クロージングセッション(11時30分~12時)

午前中で終了します


私はもちろん!Drops (Droplet 竹内さん) VS PCS(bo-yaこと本田先生)が行われる
D パソコンによる視覚支援教材 のセッションを受け・・・受け・・・・
受けませんでした(´・ω・`)

実技内容が 視覚支援のための絵カードやカレンダー作りという
パソコンやや初心者向け講座ということ (既に習得済v( ̄Д ̄)v) 
そして会場に用意されたパソコン25台に対し
希望者がそれを大幅に上回っているということもあり・・・ 
今回は私のまだ知らないお話も聞いておきたいということで 遠慮しておきました

でも 竹内さん(Drops)とbo-yaさん(PCS)の戦い 見たかったなぁ~


ご存じない方のために・・・なんで「戦い」かと申しますと

bo-yaさんの「PCS」というのは(Picture Communication Symbol)の略です
ここでは (株)アクセスインターナショナルから発売されています 
Board Maker(ボードメーカー)というイラストと文字を用いたシンボルのことを指します
現在は4000語のシンボルがあります(CD-ROM付きで 49,800円)

このシンボルはアメリカ製なので ちょっとシンボルもアメリカちっくでぇす
bo-yaさんはこちらの会社に許可をもらって 4000語の中に無い
自分が必要なシンボルを作ってオリジナルPCS」としてHPで公開されてます
PCS.gif

ということで その PCS と Dropsシンボルを使って
「視覚支援比べ」みたいなことをしちゃおう!という企画
まぁ 勝ち負けというよりは 人それぞれの好みですのでね・・・

でも この企画の2パターンのシンボル表示を同時に見れる!っていうのはすごく面白いなぁ~
このセッションの模様の詳細はこちらでどうぞ!

・bo-yaさんのPCS作品 「ぽっしゅん教材製作日記」へ
・竹内さんのDrops作品 「信州特別支援教育カンファレンス」へ

それから この「セッションD」のマニュアル集
2日目セッションD

ネットから画像を取り込む方法や  Dropsダウンロード(現在700語!)方法
それに「ぽっしゅん」bo-yaのページで無料配布している
「Carenger」(カレンダー)や「たびぃ's mile」(しおり&手順表)の作り方が
とてもわかりやすく説明されて これ1冊でバッチリわかる!!という代物
ホントにお宝冊子ですよぉ~!(げんママも持っとくといいよぉ)



とまぁ 前置きが長くなりましたが・・・
この日 私が受講したのは
アセスメントの貴公子 原伸生先生のセッションA

①認知特性の疑似体験 → 休憩 → ②タイムサンプリング法演習

認知特性を数値化することで その人に合った支援方法がより明確化する・・・
以前ご紹介した 信州特別支援教育雑誌「slide」での原先生のお話 
アセスメントの必要性に すごく興味を持ちましたし
今 この手のお話は 
就学を前にしたマザーズのママ友の間でもすごくタイムリーなお話なのです

ってことで・・・
また一番前の席に座り受講

この部屋 結構たくさんの人が入る会場ですが 満員御礼
セッションA
おがっちさんもいらしてましたよ

講義では「あなたの学習スタイルは?」と題して
12問の問題をやっていきました
原先生

これは 自分が A:継時処理 タイプかB:同時処理 タイプか
はたまた「どちらもをうまく活用している」タイプなのかを
数値化(AとBの合計の数)によって明らかにするもの

人間の情報処理(認知処理)過程は 継時処理と同時処理という 
2つの処理過程に大別することができる (Mr.ダス)


・継時処理 情報を連続的かつ逐次的に分析し、処理する情報処理。
        順序性を重視し、時間的聴覚的な手がかりで分析的に処理する。

・同時処理 情報を概観可能な全体に統合し、全体から関係性を抽出する情報処理。
        いくつかの情報を視覚的な手がかりで空間的に統合し、全体的処理する能力。

普段私達は 場面場面でこの2つの方法をうまく使いこなして 情報を処理しているわけです
でも これが偏りすぎると いろんなとこで問題がでてくるかもぉ~・・ってことになるわけで

音声言語については継時的な処理なので 
自分の気持ちや考えをうまく表現できないなど問題がある場合
継時処理機能をうまく使えてないことも考えられる・・・とか


原先生が出した問題の診断結果ですが
私は「同時処理」断然優位タイプでした(;・∀・)ヒャーッ!!でもわかってたよぉん♪
(※「救急車」と「雄ライオン」当てたの私でぇす)

それで それを知ったからどうなの?という方のために・・・

例えば 
私のようなバリバリ同時処理タイプは 
先に結果(全体)を見た後に その経緯をつなぎ合致させていくとよりわかりやすいです
本も結末から読んだりするもんねぇ♪
継時処理優位のタイプは 全体像より段階えを経て情報をインプットしていくとわかりやすいそうです
途中でつまづくと 先に進めない~!!ってことになるかなぁ

この講義の受講者の半数以上は 学校教員の方でした
原先生は「自分の学習スタイルを知っておくことも大切です」とおっしゃってました

確かに「子供の学習スタイルを知る」というのも一つですが
今回のテストでもわかるように大人(先生)にもいろんなタイプがあります。
大人ってのは やはり自分の学習法を軸にして
人に教えるもんだと思うんですよね(子育てもしかりですな)

ってことは・・・ 
学校の授業で先生の指導方法によっては 子供もチンプンカンプンになるかなぁ~なんて

昔「○○先生の授業大好き!」とか「○○センセの授業 退屈ぅ~、わけわかんないっ」ってなったのも
先生の資質がどうとかでなく(それもあるけどね)
自分と先生のタイプが同じだった(または違う)ってことが
原因であったのかもしれないなぁ~。。なんて
この講義を受けて思いました

ちなみに情報処理が偏りすぎているからといって 勉強ができない!とかではなく
あくまで 学習スタイル!ですから勘違いしないでくださいね


休憩の合間にサブアリーナへ行く途中 おがっちさん発見!
「サっ・・サブアリーナはどっち???」どうやら迷子に

サブアリーナを覗くと
まさに Drops 対 PCS の戦いが始まったところでした!
Drops-VS-PCS!.jpg


名残おしいですが・・・
再び原先生の後半のセッションを受講

後半は タイムサンプリング実践
ビデオの自閉くんの行動を見ながらサンプリングします
3分毎とか時間を決めて その瞬間を記録する「瞬間サンプリング」をやりました
まず課題目標を決め 対象者がその瞬間に課題に参加している(+)か否か(-)を記録していきます
その記録をもとに 活動参加率がわかるわけです 
 
ただ「動きまくっていて大変っ!」というイメージだけの実態把握と
データ(数値化)にして残すことで その後の行動の進歩(または後退)も
手に取るようにわかる
前者は 人それぞれ主観もちがうのでイメージも違ってくると思いますが
後者は数値化することで 誰がやってもほぼ同じ結果を示すというのがいいところですね

原先生のお話は
まだまだ面白いお話が続きましたが このへんで


11時30分になり・・・
クロージングセッションがサブアリーナで行われました

  お疲れ様でしたぁ       終了
2日間やりとげホッとするDropletの皆さん          「えぇ また是非っ!」


帰りに・・・

おっ???なんだか「いのちかげろう」のようなbo-yaさん(本田先生)が歩いてくる・・・
フラフラbo-yaさん


おっと杉浦先生もきたぁ~♪

「お疲れ様でしたぁ。。そういえば写真撮ってなかったっ!記念にお願いしまぁす」

「いやぁ・・・もう ぼく 疲れ果ててボロボロで 顔がしんでるから・・・」と本田先生

「そこをなんとかっ!」 林家ぺー・パー子状態のそうたママ)

写真ゲット!!
両手に男子!

最後の力を振り絞ってくださった笑顔の本田先生(左)&かしこまり杉浦先生(右)
なんか久々の「両手に若い男性」というシチュエーションに(杉浦先生は1こ下らしい)
ついつい体育会系で撮ってもらいました・・・ごめんなさ~い


帰りに このカンファの裏方のキーマン(ウーマンね)!
kannaさんからお土産をいただきましたぁ
ペン立て&ジャム
・ペン立て(メモもはさめる!)とジャム  (それと「おまんじゅう」も
稲荷山養護学校の生徒さんが作った製品でぇす 
「息子がペンの穴をあけてまぁす」とおっしゃってましたぁ^^

しかも帰り道 kannaさんが駅まで車で送ってくださり
信州は寒かったけど・・・信州の皆さんの温っかさには感激しましたっ 。* ゚ + 。・゚・。・


2日間 お天気も良く
県内外から たくさんの方(200名越)が参加された
第1回目の「信州特別支援教育カンファレンス 2010」は
大盛況で幕を閉じました


                                      



<おまけ>

DropTalk(iPodTouch)モニターゲット!
DropTalk!
音声入力用の小型マイク(写真右カプセル型)も付けてくださってまぁす
※(写真下)緑のブロック型スピーカーは私が買ったものです(1900円)

モニター報告もお楽しみにぃ~!!




スポンサーサイト

Appendix

上映情報!

「ぼくはうみがみたくなりました」 詳細はこちらで!
【↓予告編】 クリックしてみてね!

「脳の歌」を応援しよう!

「うすいまさと」応援HP
うすいまさとさんが歌う「脳の歌」
一度聴いてみてください!
そしてみんなで歌いましょう!! 「脳の歌」応援HP
.
<02 | 2010/03 | 04>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

「信州カンファ」blog

信州特別支援教育カンファレンス

プロフィール

緑の四つ葉 管理人=そうたママ そうたママ

1968年生まれ 福岡県出身

体育会系のママ 千葉県在住

緑の四つ葉 そうた そうた 2003年生まれ

自閉症と知的障害あり 現在,幼稚園の年長

緑の四つ葉 そうたパパ そうたパパ

子煩悩のやさしいパパ。

緑の四つ葉 お兄ちゃん お兄ちゃん

そうたの4つ上の兄。小学4年生

緑の四つ葉 ユキ ユキ

そうたの2つ下の妹。 いつもママと連るんでいるので 登場回数も多い

*******************************

福助 地域の皆様 幼稚園の皆様へ

「ごあいさつ」m(_ _)m

このブログのバナー

リンクフリーですが
報告してくださると嬉しいです
since 2008.5.15

自閉症児 そうたの幼稚園ブログです。 そうたのプロフィールは HP「そうたといっしょ!」で紹介しています。 HPでは 自閉症(そうたの特徴を主に)の説明や 4コマまんが 療育施設 掲示板など公開していますので リンクしてみてください(*^▽^*)


-- E N D --
.
.

最新記事

月別表示

2013年 04月 【1件】
2013年 01月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2011年 05月 【1件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【1件】
2010年 12月 【1件】
2010年 11月 【1件】
2010年 10月 【1件】
2010年 05月 【1件】
2010年 04月 【1件】
2010年 03月 【9件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【4件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【6件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【6件】
2009年 05月 【7件】
2009年 04月 【7件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【5件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【2件】
2008年 09月 【3件】
2008年 07月 【4件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【6件】

過去記事一覧

  • 2010年03月
by AlphaWolfy

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こんな本読んでます

カウンター

Copyright (c) そうたといっしょ! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。