Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族参観

入園後 初めての家族参観でした

屋外で親子ゲームや親子ダンスなどが 予定されていましたが・・・ 

朝から あいにくの だったので 体育館で行われました


絵カードの効果もなく いつもと違う雰囲気に ご機嫌 ナナメ&大泣き のそうた・・・

でも なんとか 体育館へ 到着しましたε=( ̄。 ̄;)フゥ 


介助の先生が気づいてくれて そうたを迎えに来てくれました

「はい どうぞ」って渡そうと思ったら そうたは 私にベッタリで離れようとしません

すると 先生がこれ出しましたら (うさぎぐみのお友達が並んでいる写真カードです)

整列カード

スタスタ と みんなの列の中へ入って行きました・・・・・・ こっちを向いて大泣き

(じゃぁ 行きなさんなっって 思うんですがね(^。^;)・・・)  

でも「整列カード」はそうたの中で もうインプットされていたんですね・・・感心感心    

ぼくをおいてどっかあそびにいくんでないの???

と思ったかどうか定かではありませんが あんまり泣くので 私も一緒に みんなの列へ・・・


                     

年長さんの元気な号令で はじまり・・・ 

子供達は 歌をうたったり 家族にプレゼントを渡したりしました

お遊戯では そうたが ちょびっとですが みんなのマネをして 踊っていました!

(正確に言うと 「踊っていたようにみえた???」) 

いつもは 介助の先生が後ろから(そうたの腕を持って) 補助しながら踊っていたそうなので

この日 そうたが一人で踊っている(?)姿を見て 先生も驚いていて パパと私も一緒に

「すごーい!」を連発! いやぁ~ 感激でした


・・・次に 年少さんの 親子ゲーム!!

各保護者6人づつスタート地点で 後ろ向きに並び 

中間地点に置いてある おうち(段ボール箱)の中に 子供が隠れます

で、保護者のみなさん 前を向いて スタート!バンッ!・・・ じゃなくて ピッ!

箱の中で下を向いて隠れている自分の子供を見つけて (これが みんな同じ体操服と帽子なので

なかなか わからないんですよね)
 子供が持っている紙 「おんぶ」「だっこ」「はしる?」 に従い

一緒にゴォール  という ゲーム
 (詳しく説明しすぎ?・・・)


・・・で そうたの番です  (最後のグループでした)



親子ゲーム_anm_1_13


てな感じで 館内爆笑っ!・・・ 練習ではちゃんと入ってられたみたいですが 

そうたの ズルのお陰もあって 1番でゴールしましたぁ

最後は 親子でダンスで 終わりました・・・ 


                               


入園して 2か月ですが そうたは お友達のこと ちゃんと見てるなぁ としみじみ感じました

体操帽子だって 体育館に入る前までは 断固拒否してかぶらなかったのに 

体育館に着いて お友達がかぶっているのを見ると すんなりかぶりましたから・・・

お遊戯も 前で踊っているお友達を見て 楽しそうに 踊ってました オヨヨですよ!

先生方が そうたのペースで ご指導して頂いている様子が よくわかりましたし

お友達も そうたに ちょこちょこと かかわってくれているみたいで・・・ よかったです


今日のお天気は でしたが

心は快晴の うれしい楽しい一日でした d(≧▽≦)b


スポンサーサイト

透明○×カード

そうた言葉かけが まだ よく理解できません

言葉でよりも 写真(実物)や絵を見せる方が効果的です  (これは そうたに限らず 自閉症の

人全般
に共通することなんです)

なので 家では 絵カードや ジェスチャーで コミュニケーション(?)をとっています

私から提示することの方が ほとんどですが 


そうたが 唯一もってくるのは 


お菓子カード

ハイッ! (゜▽゜) お菓子カードです・・・   

もう 一日中 私に差し出してますね・・・かなりシツコイです


カードは幼稚園でも 先生にお願いして なるべく使ってもらうようにしています

入園当初は 私が作ったものを お渡ししていましたが 今では 担任の先生が必要に応じて 

活動する「場所のカード」や「お友達が整列しているカード」などを 作って下さっています 感激!

言葉がまだ出ていないそうたですので 自分の意思を 「言葉」は無理でも 「絵カード」で

伝えることが出来るようになれば きっと 本人も生活しやすくなるにちがいありません



それで ・・・前置きが長くなりましたけど ここからが 本題です

これまで 絵カードはいろいろ作ってきたのですが 

先日 リンクさせて頂いている HP「ぼくの絵日記」の管理人えこたんさん(自閉症の男の子(中1)の

ママさん)から こういうカード を提案していただきました
 
透明○×

名づけて 「透明×カードぉ~。」ジャーン! (別に名づけなくてもイイ?・・・)



使い方は こう

かけっこ○

お外で「かけっこ」しようねぇ~!とか、 頑張って走ったねぇ~ ニコニコ



それから こういうことにも使えます

かけっこ×

「廊下で走ったらダメです!」や  「今は走りません!」という感じで・・・


同じ絵カードでも 状況が異なるとだったり×だったりします

とっても 便利な「透明×カード」ですね


是非活用してみてくださぁ~い!ヽ(=^◇^=)/



※ただし 「×」はなるべく使用しないように・・・ 「」の場面を出来るだけ多く使って 支援していくよう心掛けましょうねぇ~!

今日も1日 お疲れ様でした

やっと寝かしつけました・・・ ふぅー 今日も一日御苦労さま私・・・


・・・でっ、 いつものように 荒れたリビングをまた片付けし始めていましたら



これ













お茶犬



そうたが絶対「食いつくだろう」と思って 買ってあげた お茶犬達です

勢ぞろいぃー!!ゎぁぃ♪ ヾ(*⌒∇⌒)八(⌒∇⌒*)ツ ゎぁぃ♪

そうた いつも この場所に こうやって並べてるんですけどね・・・

あと 散らかして 並べて 散らかしてって・・・繰り返し


「あ~今日一日 疲れた疲れた」って・・・・・・ ふと これ見て なんか笑ってしまったのでした





自閉症セミナー(佐々木先生 後編)

あっちゃん

あっちゃんです(ちなみに映画はモノクロ映像でした)

休憩終了です・・・  後半が始まりました


その後 あっちゃんはどうなったのか・・・

佐々木先生の説明はこうでした

この統合教育の中で あっちゃんはみんなの模倣もできるようになり クラスの仲間とも
一緒に活動できるようになりました  ご両親もとても喜ばれていました 

・・・しかし 実をいうと あっちゃんは この統合教育の中で 何も習得していなかったのです

統合教育に入れたのが間違いということではありません  
あっちゃんは ただ みんなと同じに動いているだけ・・・ その意味もわからずに

「意味が分かって行動する」というのは とても大事なことですよね

あっちゃん成長した様に見えたのは 実は 周りの人(学校の先生や生徒達)があっちゃん
合わせてくれていたからです・・・ 

学校生活の6年間 周囲あっちゃんに対して うまく合わせ続けてくれました
あっちゃんはとても居心地が良かったことでしょう

その結果 あっちゃんは 学校以外のところでは 適応できなくなっていました

社会のルールや 自立のためのスキル習得していなかったため
成人(20歳)を前に 施設へ入らなければならない状態になったそうです

佐々木先生はとても悔やんでいらっしゃいました 
当時の療育は試行錯誤の連続で やってみないと間違いであることもわからない 
失敗してはじめて それは間違いということで切り捨てられる・・・
そういう状況であったともおっしゃっていました

担任の先生あっちゃんに対して 一生懸命に向き合っていらしたのは 確かですが

あっちゃんが 社会に出ても大丈夫なように 学校生活にはルールがある (例えば順番を守る
とか 授業中は静かにする)ということを きちんと 教えていく必要があったのです

ただ 当時 指示をしてもほとんど理解できない自閉症児に対して その専門家であっても
適切なをもっていなかっことは 事実です

 
後に 佐々木先生はアメリカで 物理的構造化(物理的環境を整え)・視覚的構造化(絵・写真
・実物を使用すること)により 自閉症者が課題を理解できたり 先の見通しを立てることができる
ようになる 療育方法 TEACCHプログラムに出会われました
            (※TEACCH =「ティーチ」といいます。)

今では 自閉症者だけではなく さまざまな発達障害の人にも活用されているプログラムです
(私も只今勉強中なんですが 療育するのが今の時代で 本当に良かったと思っています)
 

佐々木先生は このお話の最後に

「あっちゃん一家とは 今でも 年賀状をくれたりと お付き合いがあります」
 
                                              と おっしゃいました
 

                       


 ・・・いやぁ~っ 後半も聞いておいてよかったっ  C=(^◇^ ; ホッ! っと いうお話ですね


なんか 身につまされるというか・・・  私も そうたが他の子と同じことができると 

もう そのことだけで 満足というか 喜んでしまいがちになりますもんねぇ~


そういえば こんなことがありました

言葉の教室へ通い始めた頃 しばらくそうたにお返事の特訓をしました

・・・そして お名前を呼ぶと 手を上げることができるようになりました (声は出ませんよ!)

もぉ 嬉しくって 「お返事出来るようになったぁ!」 わあい\(^▽^\)(/^▽^)/ わあいっ
なんて 思っていると

     「○○ユキちゃん!」 ・・・ (。--)ノ″ ・・・ って 誰の名前でも  
手をあげちゃうんですよね・・・ ( ̄△ ̄;)アラ ヤッパリ ワカッテナカッタノネ  って
  
そう 見せかけだけの 「出来た」 と 本当に理解して「出来た」は まったく違うということを
肝に銘じておかないと・・・ (偶然やルーチンでの感違いはホントに多いですもん


佐々木先生は講演の中で 療育における「オペラント条件づけ」の大切さを おっしゃってました 

自発的に行動できるようになる これ とても大事でなことですよね
それが 社会自立へつながる手立てになっていくと思います

そうたの数少ない 出来ることの中から それを見出して活用する!
んーっ わかっちゃいるけど 有言不実行な私です・・・

でも 今回のセミナーで いい刺激を受けました (いつもセミナーの後は すごく盛り上がって
帰ってくるんですけどね) 

今後も療育 頑張りまぁす  (○゜▽゜○)


※セミナーでは 他にもたくさんの興味深いお話がありましたが 今回は あっちゃんのお話のみ
  紹介しました  

  

自閉症セミナー(佐々木先生 前編)

講習会20080510

5月10日(土)に自閉症のセミナーへ行ってきました ( `ー´)ノ

講演されたのは 自閉症についての出版物をたくさん書かかれいらっしゃる 
佐々木正美先生(川崎医療福祉大学 教授)です

佐々木先生は TEACCHプログラムという 自閉症者のための療育プログラム(療育システム)を
アメリカで学び 日本へ導入し 広められた第一人者であることは ご存じの方も多いと思います
詳しくは 先生のご家族が運営されていらっしゃるこちらのHP「ぶどうの木」をご覧ください)
 ※TEACCH =「ティーチ」といいます。

さて 講演の題目は

  「自閉症スペクトラムの特性理解と支援」 ― TEACCHプログラムの理念から ―

活字で見ると すっごく難しくて眠くなりそうな感じですが・・・ 
実際はビデオを(40分程)見たり お話も とても興味深く 参考になることばかりで 
あっという間の3時間でした

ビデオは30年くらい前のもので 当時小学1年生の自閉症児あっちゃんが 統合教育の中で
普通学級の生徒達とともに 学校生活を送る様子(入学から運動会頃までの半年間)を追った
ドキュメンタリー映画です

30年前というと 当時日本では 自閉症児は「親の育て方により心を閉ざしてしまった子供」であると
自閉症研究で有名な先生が唱えていらした時代で 自閉症に関する著書(今では絶版です)も 現在でいう「とんでも本」ばかりですから その療育方法も自閉症児にとっては無意味 いや その症状を更に悪化させていく事態になったかもしれません

佐々木先生は(当時 東大で精神神経科の助手をされていたそうですが) 「自閉症は親のしつけや虐待などで起こるものではない」という見解をすでにお持ちでした
そして 半ば隔離された環境の中で 自閉症児のやりたい放題 好き勝手に行動させる療育方法にも 疑問を感じていらっしゃいました
そんな中 佐々木先生は自閉症児を統合教育(普通学級)の中に入れて その発達を促していくことに目をむけられました (その考えは 自閉症を研究する多くの人たちから 批判を受けたそうです)

佐々木先生は 当時小学1年生になる自閉症児あっちゃんを 東京のある小学校へ
送り出しました (これはご両親の意向もあってのことです) 

担当された先生は ちょうど6年間担任した自閉症児を送りだしたばかりの 
ベテランの女性の先生でした 
あっちゃんカナータイプの自閉症児(そうたと同じ)で 話し言葉は出ません 
人の言葉かけもほとんど理解できません 
授業中は教室の内外をウロウロしているか 自分の席では好きな粘土をやっています
でも先生は あっちゃんに対して決して無理強いをせず 他生徒への手が空いた時間に
あっちゃんが 出来そうな課題を一緒にやっていました

クラスの子供たちは とても優秀で(私の小学校の頃もあんな感じだったかなぁ) あっちゃんが教室内でウロウロしようが 違う事をしていようが 目もくれず 先生の授業に集中して取り組んでいます
あっちゃんに対しても 本当にみんながよくお世話してあげています あっちゃんは 徐々にみんなと一緒にいることを意識していきました
運動会の練習も 生徒達が一生懸命 あっちゃんに教えてあげていました(ホントにえらいっ

運動会が終わった頃のあっちゃんは クラスの子供達と一緒に お世話されながらも 工作や合唱(あーあー声を上げているだけですが)など いろいろな活動ができるようになりました 

と いう内容(私のこのオツムで理解したかぎりですが・・・)の映画でした

私の感想は 「あっちゃん みんなと並んで歌うたってる!すごい!」と そうたの事を重ね合わせながら いつかこんな日がくるのかなぁ・・・と思ってしまいました
やはり統合教育のなかで いろいろな事を学べるんだ!・・・と 感心していると

佐々木先生は こう おっしゃいました

「この統合教育の中で 学校生活を送っていった あっちゃんは この後どうなったのか・・・
 みなさん どうなったと思いますか?」



なにやら意味深な言い方・・・


( ̄◇ ̄;)エッ!幸せに暮らしたとさっ・・・っじゃないのぉ~?


「それについては 今から休憩の後 後半でお話します・・・」 


エッ~ もぉっちょ、ちょっとっ気になるぅ~っ


っということで 後編へつづく・・・ 



おはしの国の人だもの




給食が始まりました!

お友達はお箸を使って給食を食べますが そうたはお箸が使えません 
普段から 基本的には「手」で食べてます 

担任の先生とは 道具を使って食べれるようになる! 
を目標にしましょう ということで フォークとスプーンも持たせてもらっています 
(あと手掴みが主流なのでお絞りも必需品)


大人になっても 手掴みで食べる自閉症の人も少なくありません 
よく 自閉症の人の感覚を実感するために 軍手をはめてボタン掛けをしてみる という例があります
(中には手先の器用な自閉クンもいますが) そうたは不器用チームに所属しているので・・・
お箸だけじゃなくて まだ鉛筆(クレヨン)もうまく握れませんもんねぇ (^▽^;) 
  
まぁ 文化の違いがあるとはいえ 日本で生活しているんだから お箸はもてるようになりたいですね


・・・っで これ 
souta_edisonnohashi.jpg

買ってみました 今話題の(?)エジソンのはし(左利き用!) 
妹のユキはピンク色 ユキはこれ使って上手に食べてます

・・・・がっ そうたは 絶対に持ちません! 投げ捨てますっ (;`O´)oんもぉー!

899円!もしたんだゾォー 
相変わらず そうたの買い物は無駄になるものが多いです


今は無理ですが いつかこのお箸にも興味をもって 使ってくれる日がくればいいなぁ~ 
と思っています (絶対もと取るぞぉー!) 


・・・まずは 手掴みで食べるのをなんとかしないとねっ (; ̄ー ̄A

Appendix

上映情報!

「ぼくはうみがみたくなりました」 詳細はこちらで!
【↓予告編】 クリックしてみてね!

「脳の歌」を応援しよう!

「うすいまさと」応援HP
うすいまさとさんが歌う「脳の歌」
一度聴いてみてください!
そしてみんなで歌いましょう!! 「脳の歌」応援HP
.
<04 | 2008/05 | 06>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

「信州カンファ」blog

信州特別支援教育カンファレンス

プロフィール

緑の四つ葉 管理人=そうたママ そうたママ

1968年生まれ 福岡県出身

体育会系のママ 千葉県在住

緑の四つ葉 そうた そうた 2003年生まれ

自閉症と知的障害あり 現在,幼稚園の年長

緑の四つ葉 そうたパパ そうたパパ

子煩悩のやさしいパパ。

緑の四つ葉 お兄ちゃん お兄ちゃん

そうたの4つ上の兄。小学4年生

緑の四つ葉 ユキ ユキ

そうたの2つ下の妹。 いつもママと連るんでいるので 登場回数も多い

*******************************

福助 地域の皆様 幼稚園の皆様へ

「ごあいさつ」m(_ _)m

このブログのバナー

リンクフリーですが
報告してくださると嬉しいです
since 2008.5.15

自閉症児 そうたの幼稚園ブログです。 そうたのプロフィールは HP「そうたといっしょ!」で紹介しています。 HPでは 自閉症(そうたの特徴を主に)の説明や 4コマまんが 療育施設 掲示板など公開していますので リンクしてみてください(*^▽^*)


-- E N D --
.
.

最新記事

月別表示

2013年 04月 【1件】
2013年 01月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2011年 05月 【1件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【1件】
2010年 12月 【1件】
2010年 11月 【1件】
2010年 10月 【1件】
2010年 05月 【1件】
2010年 04月 【1件】
2010年 03月 【9件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【4件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【6件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【6件】
2009年 05月 【7件】
2009年 04月 【7件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【5件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【2件】
2008年 09月 【3件】
2008年 07月 【4件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【6件】

過去記事一覧

  • 2008年05月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2008年05月31日 (土)
家族参観
2008年05月30日 (金)
透明○×カード
2008年05月07日 (水)
おはしの国の人だもの
by AlphaWolfy

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こんな本読んでます

カウンター

Copyright (c) そうたといっしょ! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。